SHIZUKI TECH NET株式会社 指月電機製作所のホームページSHIZUKI
利用規約お問い合わせサイトマップ Japanese English
::サイト内検索::
製品情報
新製品情報
コンデンサ
産業用コンデンサ
住環境用コンデンサ
自動車用コンデンサ
電力設備用コンデンサ
電力機器/装置
システム商品
瞬時電圧低下補償装置
カタログ
情報機器商品
シヅキについて
会社情報

財務情報

個人投資家の皆様

採用情報
プレスリリース
加工技術
カタログダウンロード
図面ダウンロード
メールマガジン
PCB使用電気機器の判別及び取扱いについて
展示会情報
資料請求
HOME > 会社情報
沿革

(1933年 8月) 創業者 山本重雄が4名の共同経営で日本コンデンサ製作所を設立し、ラジオ用コンデンサの製造を行う。(創業の原点)
1939年 3月 独立し個人経営の「指月製作所」を設立し、電気炉用、レントゲン用のオイルコンデンサの開発に成功(国内初)、製造を開始する。(創業)
1939年当時のカタログ
1939年当時のカタログ
1939年12月 株式会社に改組し「指月電気工業株式会社」とする。電力会社納めの低圧進相コンデンサ(油入タイプ)の生産で頭角を現す。
1942年 7月 陸/海軍省共同の管理工場に指定された事で軍需用コンデンサ(主に無線通信用コンデンサ)の生産が急増、以降、三重工場(四日市)を増設するなど2000名を超える規模となった。
1945年 8月 戦災により工場を焼失し、事業休止。
1947年 9月 「株式会社指月電機製作所」として再発足。
1951年11月 戦後の日本商品の品質向上政策から生まれたJIS制度(1949年発足)の普及期にコンデンサのトップランナーとして「低圧進相コンデンサ」のJIS表示許可工場の認定を受ける。
1955年10月 金属化紙(MP)製造からMPコンデンサ製造迄の一貫生産体制確立(国内メーカ初)。

1940年当時、本社工場MPコンデンサ生産ライン
1960年当時 
本社工場
MPコンデンサ生産ライン

1955年11月 「JIS表示許可工場の品質管理の優秀企業を表彰する制度」がスタートした2年目の全国表彰で工業技術院長賞(12社)を受賞。 1964年9月に最高賞の通産大臣賞を受賞。
1961年 5月 薄膜フィルムコンデンサの草分け “ラッカーフィルムコンデンサ”を開発(国内初)。
当時の最薄膜フィルム(3μm)の製造からコンデンサ製造までの一貫生産体制確立。
コンデンサ
ラッカーフィルムコンデンサ
1961年10月 大阪証券取引所第2部に上場
1963年 5月 東京証券取引所第2部に上場
1963年11月 岡山指月株式会社設立(自動車用コンデンサの製造:岡山県総社市)
1963年12月 金属化紙(MP)コンデンサを使った高圧送電線用直列コンデンサを開発(国内初)
1968年 4月 秋田指月株式会社設立(電子回路用、機器用コンデンサの製造:秋田県羽後町)
1969年 4月 米国“ウエスチングハウス社”の技術導入で、電力用フィルムコンデンサの商品化
(国内初)
1969年12月 九州指月株式会社設立(電力用、機器用コンデンサの製造:福岡県稲築町)
1972年 3月 国鉄(現在のJR)に電力系統用高圧、特別高圧コンデンサ設備の納入開始。

1972年 3月

電子技術総合研究所にコンデンサをエネルギー源とする核融合装置を納入。
1974年11月 モータ運転用フィルムコンデンサ(CMEタイプ)を開発し、ロングベストセラー商品となる。
1980年 9月 路線バス用の運賃表示器を開発し、発売する。
1983年 7月 タイ“OEIC社”に対し、低圧進相コンデンサ技術ほか供与。
1983年10月 電力設備合理化機器として、LH形省エネパックを開発し、発売する。
1984年12月 ガス封入タイプの高圧進相コンデンサを開発し、発売する(世界初)
1985年10月 積層構造のフィルムコンデンサを量産化。
1986年11月 米国“TRW社”のコンデンサ部門を買収し、AMERICAN SHIZUKI Co.として発足。
1989年10月 鉄道架線の地絡事故防止の為の「き電保護パック」の開発により、科学技術長官賞及びオーム技術賞を受賞。
1990年 6月 電路の高調波抑制と力率改善を同時に行うデュアルタイプの“アクティブフィルタ”を開発し発売する。
1991年 9月 世界最高の分解能を持つ電子顕微鏡の、加速電圧100万V発生用電源コンデンサを開発し、納入する。
1993年 6月 液晶表示(LCD)タイプの“空港の離着陸案内ボード”を開発し、納入する。
1993年11月 液晶表示(LCD)タイプの“バスの行先表示器”を開発し、発売する。
1994年 8月 音声合成方式の“バス車内案内放送装置”を開発し、納入する。
1996年 1月 ISO9001(品質マネージメントシステム)の認証を取得(秋田指月) 九州指月は1996年2月、本社部門は1998年3月、岡山指月は2000年2月に取得。
1997年12月 光ファイバーを利用した大型でフルカラーの“ディスプレー装置”を開発し、発売する。
1998年11月 金属化蒸着フィルムの電極面にヒューズ機能をもたせる構造を開発し、コンデンサの小型化と安全性を飛躍的に向上させた功績で、オーム技術賞を受賞。
1999年10月 電力用途に使える電気二重層コンデンサ“FARADCAP”を開発し、発売する。
2000年12月

ISO14000(環境マネージメントシステム)の認証を取得(秋田指月)。
九州指月は2001年12月に取得。

2001年11月 電気二重層コンデンサ“FARADCAP”を使った電路の瞬時電圧低下補償装置“V−Backup”を開発し、発売する。
2002年 1月 コンデンサ開発センターを岡山県総社市に設立する。
2003年 2月 ファクトリー・ネットワークシステム(CC−LINK)に接続できる表示器「FACTORY BOARDシリーズ」を開発し、発売する。
2004年 4月 本社製造部を西宮工場として開設する。
2005年 9月 「静止型無効電力補償装置(SVG形)」を開発し、発売する。
2005年10月 「瞬低モニタ(V-Monitorシリーズ)」を開発し、発売する。
2005年11月 「デマンドモニタ(V-Monitorシリーズ)」を開発し、発売する。
2006年 5月 中国に現地法人「指月獅子起(上海)貿易有限公司」を設立。
2006年12月 秋田指月が「研究開発棟」を新築。
2007年 1月 タイに現地法人「タイ指月電機株式会社」を設立。
2007年11月 電気二重層キャパシタ式瞬時電圧低下補償装置の開発により、澁澤賞及び中日産業技術賞特別奨励賞を受賞。
2009年 2月 ハイブリッドカーのDC/DCコンバータ用一体型端子台モジュールを開発し、発売する。
2009年 9月 九州指月が「研究開発棟」を新築。
2011年 6月 本社R&Dセンターを新築。
←BACK ▲TOP
Copyright(C)1996-2017 SHIZUKI ELECTRIC CO.,INC.ALL Rights Reserved