IR情報

CSRの取り組み

基本的な考え方

当社は1939年の創業以来、電気の品質をコントロールする、フィルムコンデンサの開発・製造を中心に社業を発展させてまいりました。また、この社業の発展を通して社会に貢献していくことを社是とし、独自に構築した指月総合マネジメントシステム「∫IΣS(シムス)」の思想に基づき企業運営を行っております。
「∫IΣS」は、お客さまの満足、株主をはじめステークホルダーのみなさまの満足そして社員の満足を満たすための総合的な仕事の仕組みづくりの活動・考え方です。この仕組みによって、商品の提案・開発から生産・納入までの効率を高め、Q・C・D(品質・コスト・納期)の最適化を行うことで、お客さまに満足いただけける商品とサービスを提供できていると自負しております。

企業が担うべき大切な3つの役割、「社会的責任」「経済的責任」そして人類として大切な「環境的責任」を果たすことが、当社が考えるCSR(Corporate Social Responsibility)経営です。社会を動かすために欠かせない重要なエネルギーである電気を、品質高く、効率的なものにしていく。そのことがお客さまはもちろん、環境保全や省エネなど社会への貢献にもつながると考えております。

環境への取り組み

社業である電気エネルギーマネジメントは、商品開発や商品の提供が、そのまま社会の電気エネルギーの節約や品質の向上につながっておりますが、それだけでなく、ISO14001を取得して、生産過程での製品の環境負荷物質の低減や廃棄物の低減など、全社的対応で環境貢献に積極的に取り組んでいます。

株式会社指月電機製作所
[登録証番号:3677560 取得日:2005年2月]

秋田指月株式会社
[登録証番号:JQA-EM1144 取得日:2000年12月]

九州指月株式会社
[登録証番号:JQA-EM2046 取得日:2001年12月]

岡山指月株式会社
[登録証番号:3677560 取得日:2005年2月]

「環境共生」をテーマにシンボルマークを設定しています。

このデザインは、航空機のレーダースコープに木の葉が投影されている状態を図案化したもの。シヅキが持つ環境問題に対する危機感と、環境共生のために取るべき考働を探求していく姿勢を示しています。
「環境共生」の思想のもとに開発された商品や、シヅキの環境活動を皆さまに知っていただくため、さまざまなシーンでこのマークを使用しています。

地域への貢献

シヅキは地域社会のふれあいも大切にしています。関西支店では近隣の小学校に社会科の「ゲストティーチャー」として招かれ、会社説明やコンデンサの役割について授業を担当。
また、秋田指月では小・中学校の社会科の勉強や高校生の就職活動の一環として、工場見学のご要望にお応えしています。地域の皆さまに理解していただくとともに、社会の一員としての責任を果たす企業活動にも、積極的に取り組んでいます。

福祉活動

シヅキは人間性を尊重する企業活動を重視するため、社会福祉法人「愛光会」の活動を支援しています。知的障がい者支援施設「清浄学園」の資金援助や水耕栽培のための土地の提供などをサポートしています。