会社概要

総合マネジメントシステム

社内の生産体制を、つねに検証し続ける
シヅキの企業運営指針。

シヅキの企業運営指針

社会の変化がどのように大きく、急激であってもシヅキが持つ電気エネルギーマネジメントの能力を、最大限に社会へ提供していく。そのための考え方や仕組みづくりを行うことが、シヅキの総合マネジメントシステム「∫IΣS(シムス)」です。
社員個々人の能力を発揮し、蓄積された膨大な専門技術を的確にお客さまに提供すること。品質を保ちながらも、最も効率的で短納期かつ、コストも最小限に抑えられる生産手法を探し続けること。それを実践できる人づくりが∫IΣSの取り組みです。

たとえば、社内の生産体制は、常にお客さまのニーズを基本とし、経営の効率化・進化のために、変種変量に対応。生産技術の全てを自社保有し、業務や仕組みを「見える化」しています。

∫IΣSの思想は、社内のすべての業務に浸透し、まさにシヅキという企業そのものです。どこにも真似できない独自の体制から、お客さまに商品やサービスを提供する。そのことで、「電気マネジメントなら、まずシヅキに相談しよう。」と言っていただける企業であり続けたい。それが、∫IΣSが求める究極の目的です。

物づくりを進化させるJITと自働化

お客さまのニーズに応えるためには、シヅキは生産ラインの構築もためらいません。たとえば、自動車用コンデンサの生産ラインや、家庭電化製品用コンデンサの生産ラインは、岡山指月、秋田指月、それぞれの工場に各業種専用のラインを構築。お客さまが必要とする品質・コスト・スピードで当社商品を生産しています。さらにお客さまの商品開発・生産体制の変化に即応できる柔軟さを支えるのが、このJITと自働化体制。生産に関する必要技術を基礎から研究し、必要ラインをお客さまが必要とするタイミングで構築する。プロダクトアウトとして「商品供給」をするのではなく、シヅキが持つ「能力」を提供できるマーケット・イン体制を整えています。

  • ∫ΙΣS改善活動は日常的に行われる

    ∫ΙΣS改善活動は日常的に行われる

  • 部門間を流れでつなぎ「A+B+C」を確立

    部門間を流れでつなぎ「A+B+C」を確立

個人の能力を「見える化」したPPVS

企業とはつまるところは人。人材という見えない企業の財産を提供することで、よりお客さまに満足いただきたい。そんな考え方が形になったものがPPVS[PersonPower VisualSystem]です。当社に在籍する社員・技術者の履歴や保有技術を、個人シートとして社内で掲示。個人の潜在能力を共有の財産として活かせる仕組みを構築しています。
個人が持てる力を最大限に活かせる環境を整える事で社員一人一人が活き活きと活動し、それが企業の能力として、お客さまにもメリットをもたらし、喜んでいただける。それがシヅキの目指す「人間性尊重」の経営です。人間力を社会に還元できる善循環を目指しています。

  • 改善を実現する「視点」をまとめた∫IΣS改善の手引き

    改善を実現する「視点」をまとめた
    ∫IΣS改善の手引き

  • 個人の技術経歴も公開掲示して共有

    個人の技術経歴も公開掲示して共有

企業間の横断的な取り組みによる業務改善『NPS (New Production System)』

NPS[NewProductionSystem]は、世界で唯一の一業種一社の製造業集団、業界ナンバーワンの「経営効率」をめざす研究会です。
「人間尊重」を基本理念に、あらゆる無駄を排除することによって経営効率の向上を図ることを、会員企業同士が互いに切磋琢磨しながら学び、改善の取り組みをしています。
異業種でありながら、相互に優秀な人材を派遣して業務改善の仕組みを提案・実行し、その成果はつねに相互にフィードバックされて、製造業としてのさらなる進化・発展に寄与しています。このNPSでの活動をバックボーンにシヅキの∫IΣSの仕組みは組み上げられています。

業務改善活動

業務改善活動