会社概要

沿革

指月電機製作所の沿革

1933年 8月 創業者 山本重雄が4名の共同経営で日本コンデンサ製作所を設立し、ラジオ用コンデンサの製造を行う。
<創業の原点>
1939年 3月 独立し個人経営の「指月製作所」を設立し、電気炉用、レントゲン用のオイルコンデンサの開発に成功(国内初)、製造を開始する。<創業>1939年当時のカタログ
10月 油充填式コンデンサを開発する。
12月 株式会社に改組し「指月電気工業株式会社」とする。電力会社納めの低圧進相コンデンサ(油入タイプ)の生産で頭角を現す。
1945年 8月 戦災により工場を焼失し、事業休止。
1947年 9月 「株式会社指月電機製作所」として再発足。
1948年 ラジオ用チューブラコンデンサの量産化を開始する。
1950年 12月 高圧進相コンデンサの生産を開始する。
1951年 11月 戦後の日本商品の品質向上政策から生まれたJIS制度(1949年発足)の普及期に、コンデンサのトップランナーとして「低圧進相コンデンサ」のJIS表示許可工場の認定を受ける。
1955年 10月 金属化紙(MP)製造からMPコンデンサ製造までの一貫生産体制確立(国内メーカ初)。
11月 「JIS表示許可工場の品質管理の優秀企業を表彰する制度」がスタートした2年目の全国表彰で工業技術院長賞(12社)を受賞。
1956年 1月 MPコンデンサ紙の蒸着工程からの一貫作業を開始する。