新着情報

「長期経営ビジョン」および「新中期経営計画」について

当社は、10年後の指月グループのあるべき姿を示した長期経営ビジョンと、その実現に向けて2019年度から2021年度の3ヵ年を実行計画とする新中期経営計画をスタートさせました。本中期経営計画は、2019年3月10日に創業80周年を迎え、今後、長期経営ビジョンの達成、100年企業を目指していく、指月グループの経営基盤確立のための3ヵ年として位置付けております。

1.長期経営ビジョン

2019年度をスタート年とし、2028年度を最終年とする10年間の長期経営ビジョンと、その実現に向けた5つの指針をボトムアップで作成しました。
 

2.新中期経営計画

1)概要

長期経営ビジョンの実現に向けて、3期に分けて中期経営計画を展開します。

2)数値目標

  ①売上高・利益(連結)

  

  ②セグメント別 売上高(連結)

3)重点施策(事業推進)

 ■コンデンサ
  ①産業機器事業
   方針:技術開発とカスタマイズ力強化により、No.1コンデンサメーカーとなる。
  ②自動車機器事業(xEV)
   方針:ターゲット顧客に対して細部にわたる要求を実現し、ターゲット顧客内シェアを60%以上
      獲得する。

 ■電力機器
  ①電力機器事業(力率改善・品質改善)
   方針:<国内市場> トップシェアを維持し、利益を確保する。
      <海外市場> ターゲット国に対する販売戦略を見直し、シェア拡大を図る。
  ②環境・省エネ機器事業
   方針:開製販が一体となったマーケティングを推進し、新たな市場を創出する。
      大手の狙わないニッチ需要にフォーカスし、その分野のNo.1を目指す。

 

   <重点施策の売上高目標(連結)>

 

本件に関するお問い合わせ先

(株)指月電機製作所 経営企画室  電話:0798-74-5821

  • トップページに戻る
  • 新着情報
  • 「長期経営ビジョン」および「新中期経営計画」について