低損失タイプの製品で、よりもっと省エネしませんか?

低損失タイプの製品で、よりもっと省エネしませんか?

なぜ省エネ?

地球温暖化防止の対策に。

地球温暖化に伴う気候変動に対する危機感が世界中で強まっています。
2020年10月に日本政府は「2050年にカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すこと」を宣言し、実現にむけた取組みや法律の整備が行われています。

カーボンニュートラルの実現に。

カーボンニュートラルとは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」から、森林などによる「吸収量」を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることです。
達成のためには、温室効果ガスの排出量の削減・吸収作用の保全及び強化をする必要があります。
シヅキは”省エネ”により排出量削減に貢献し、カーボンニュートラルの実現を目指します。

脱炭素経営の広がり。

金融機関や投資家の融資先の選定基準に地球温暖化対策の取り組み状況を加えるケースが増え、グローバルに展開している企業を中心に脱炭素経営に向けた取り組みが広がっています。
自らの事業活動だけでなく、サプライチェーン全体で脱炭素を目指す動きが拡大しており、中小企業にも脱炭素経営が求められています。
誰もが無関係ではなく、一個人、一企業として主体的に取り組まなければなりません。

低損失で高効率

低損失タイプの製品で省エネをサポートします。

損失とは、電力を流したときに一部有効に使われず熱として逃げてしまうことです。
損失が低いほど逃げる電力が少なくなり、効率よく電力を使うことができます。
シヅキの低損失タイプの製品は消費電力量を節約し、省エネをサポートします。

長く使うと、CO2排出量に大きな差が…

10年間、標準品と低損失タイプを使い続けた場合のCO2排出量は20t差がでます。

【比較(イメージ)】 例:設備容量 50Hz 300kvar 3set 、稼働時間24h × 365日 × 10年

製品ラインアップ

油入自冷式直列リアクトルLR-S形

標準品(LR-3形)に比べて、CO2は48%削減

※2019年度 世帯当たり年間CO2排出量(環境省公表):2.72 tで試算
※CO2排出係数(東京電力2021年度実績):0.434kg-CO2/kWh で試算
※ガソリンのCO2排出係数:2.32kg/L、普通自動車の燃費:8.33km/L、
東京-大阪間を500kmで試算

乾式モールド式直列リアクトルLR-MS形

標準品(LR-MB形)に比べて、CO2は38%削減

※2019年度 世帯当たり年間CO2排出量(環境省公表):2.72 tで試算
※CO2排出係数(東京電力2021年度実績):0.434kg-CO2/kWh で試算
※ガソリンのCO2排出係数:2.32kg/L、普通自動車の燃費:8.33km/L、
東京-大阪間を500kmで試算

高圧進相コンデンサ設備Q-PAC-Lシリーズ

標準品(Q-PAC-B)に比べて、CO2は58%削減

※2019年度 世帯当たり年間CO2排出量(環境省公表):2.72 tで試算
※CO2排出係数(東京電力2021年度実績):0.434kg-CO2/kWh で試算
※ガソリンのCO2排出係数:2.32kg/L、普通自動車の燃費:8.33km/L、
東京-大阪間を500kmで試算

設備増設を検討していますか?

設備の増設を検討している、あなたにおすすめ!

設備を増設して負荷が増えると力率は悪くなります。コンデンサ設備も見直すことで電気料金の割引額が変わるかもしれません。
さらに! 低損失品で、よりもっと省エネしませんか?

【基本料金の構成】 基本料金単価×契約電力×力率割引・割増(185-力率)/100

力率 基本料金の割引・割増率 ※高圧の場合
85%を上回る1%につき 1%割引
85%を下回る1%につき 1%割増

  • 力率85%を基準に、割引・割増率が変動します。
    力率は、メーターで測定した昼間時間帯(8時~22時)の有効電力量と無効電力量により各月ごとに決定します。

基本料金比較(イメージ)東京電力・高圧電力・契約電力1000kW

  割増 基準 割引
力率 80% 85% 90% 95% 100%
基本料金(円) 1,905,750 1,815,000 1,724,250 1,633,500 1,542,750

※2021年9月現在

更新時期が近づいていませんか?

力率改善設備の更新時期が近づいている、あなたにおすすめ!

設備更新では、寿命に達した機器の機能や安全性・信頼性を、初期レベルに回復させるだけでなく、
経済性、環境への配慮、省エネ・省スペース化などこれまで以上に付加価値を高めた設備にすることが可能です。
さらに! 低損失品で、よりもっと省エネしませんか?

【比較(イメージ)】例:設備容量 50Hz 300kvar 3set 、稼働時間24h × 365日

種別 既設品
35年前(1986年)【Q-PAC形】
現行品
標準タイプ 【Q-PAC-2B形】
現行品
低損失タイプ 【Q-PAC-2L形】
損失 700 W/set 540 W/set 365 W/set
年間消費電力量 18,396 kWh 14,191 kWh 9,592 kWh
年間電力量料金 294,336円 227,056円 153,472円
CO2排出量 8.0t 6.2t 4.2t

※単位電力料金:16円で試算 ※CO2排出係数(東京電力2021年度実績):0.434kg-CO2/kWh で試算。

製品情報に関するお問い合わせ

  • トップページに戻る
  • 低損失タイプの製品で、よりもっと省エネしませんか?